60歳以上の高崎市民に「はりきゅう受療券」が頂けます。

2024/04/29

高崎市役所、各支所にて、高崎市民であることの証明書(保険証、免許証など)を提出しますと1人に対して年間6枚の「はりきゅう受療券」を頂けます。

1枚千円で合計6千円になります。当院で施術し施術費をお支払いするときに、その都度1枚を出してください。千円引かれた金額で施術することができます。

テーマ(豆知識)

裏金事件国会議員に「おきゅう」を据える。自分にも据える。

2024/04/29

お灸を据えるというと、

何か悪いことをした人に熱いお灸を据えて良い人になってもらう、感じがしますが、その意味だけではありません。

お灸を据えることで元気な人はより元気になります、何だか知らないが具合が悪い人は具合が良くなります、冷え症の方はポカポカと温まります。ホントですか・・・やってみませんか。

痕のつかないお灸、あとがつくお灸、ほんわかお灸を体験してください。

あなたにあったツボ押し、ツボはどこかを指導いたします。



毎月第3金曜日の午後1時30分~2時40分 参加費千円。

5月は17日です。参加希望者は当院まで。電話027-324-0438

自分を守るため・愛する人を守るため

2024/04/16

国は「自分を守るため、」「愛する人を守るため」と説明をし積極的にmRNAワクチン(ワクチン)を打つのだと半強制的に国民に推し進めてきた。

それは、はたして正しかったのだろうか。

「自分を守れただろうか、」「愛する人を守れただろうか、」



井上正康(大阪公立大学名誉教授)著書「コロナワクチン解毒17の方法」より

実際に接種したワクチンは人の体内でスパイクを産生し続け、血管やさまざまな臓器を傷つけています。そして、得体の知れない作用でワクチン後遺症に苦しむ多数の薬害患者を生み、多くの国民が生命を落とすことになりました。

 さらに、卵巣や精巣といった次世代を生むための大事な臓器にも遺伝子ワクチンが蓄積して細胞を障害し、未来の出性数にも悪影響を及ぼしております。これが日本のワクチン行政の実態です。

菅野針灸院は開業して46年。この世に生を受けて76年になります。誰もが人間としてこの体に備わっている偉大なる力があります。免疫力・抵抗力・解毒力であります。その力を高める、それには腸内細菌を元気にするにつきます。その元氣になる有効な対策の一つとして東洋医学、針灸施術があります。

ワクチンを打たなかった人、打った人も病気から元氣になるのです。希望があります。・

国に提言致します。国はコロナ感染を防ぐ、また感染しても回復を早める対策として国民に西洋医学のワクチンを無料で数年間希望者に接種しました。今後6ヶ月間希望者に無料で積極的に針灸施術を行うことを推し進めることを要望致します。

東洋医学は氣の医学といわれます。氣は見えませんが生命エネルギーとして感じる。その氣が体の中をめぐっております。病気になると、どこかの部位の氣の流れが滞る(ツボ)ことになります。そのツボに針灸施術することで氣の流れが改善され病気から元氣に向かっていきます。その力はあなた自身の力です。それを手助けするのが鍼灸師の役目であります。





テーマ(お知らせ)

お灸・ツボ押し教室 4月19日(金)午後1時30分~2時40分

2024/04/16

自分でできるお灸とツボ押しです。

今回は、血管マッサージを取り入れたツボ押しを指導いたします。

参加費1000円。

テーマ(お知らせ)

血栓予防の血管マッサージ、すぐに覚える効果アリ15分

2024/04/16

いたってシンプル。通常のマッサージのように筋肉を普通にもむのではなく、深い部分の動脈に圧がかかるように、自分の指で皮膚を骨に向かって押し付けます。皮膚を骨に押し付けるようにしごくと、その間を流れる動脈も静脈もリンパ管も同時にマッサージされることになります。これが「いつでも、どこでも、誰でもできる血管マッサージ」の方法です。

患者さんに積極的に勧めております。指導料30分1100円。

テーマ(豆知識)

呼吸器系をお掃除する鼻うがい

2022/02/01



鼻うがい

正しく恐るのではなく、正しく安心するのである

2022/01/17

オミクロン株という名のウイルスが急拡大しておりますが、そのことで何を恐れているのですか。



感染したら、感染されたら、死んだらどうしよう、と恐れていませんか。答えは、自分も感染します、相手に感染もさせます、死にもする可能性が???あります。ウイルスから逃れることはできません。ウイルスは現に存在しております。、この存在しているものと共生していくしかないのであります。

ノーリスクはありえません、リスクの中で現に生きている仕事しているではありませんか。そのリスクの現実の中でどのように楽しく明るく共生対策していくかです。

それは他者軸に重きを置くのではなく自己軸に重きを置く実践あるのみです。他車軸とは自分の外から来る敵であるウイルスを防ごうという対策です。手洗い、マスク、ソーシヤルディスタンス、ロックダウンなど。自己軸は、自分の免疫力、抵抗力、解毒・排出力を上げることで、ウイルスに対抗する力を高めようという対策です。政府は、いや野党も他者軸ばかりの対策です。これでは、やればやるほど人々が疲弊していきます。現にストレスが溜まりすぎてイライラする人、自殺する人、凶悪犯罪などの社会不安が増加しております。

つまり自分の内側を整えるのです。日常生活の中で健康状態を作っていく。その土台は腸内細菌を元気にする生活です。そうすると免疫力、抵抗力、解毒、排出力上がります。和食をベースに発酵食品や食物繊維を摂って、よく噛むことです。(つづく)

参考文献 「感染を恐れない暮らし方」本間真二郎 医師



テーマ(お知らせ)

2021年1月12日「鍼灸・呼吸のチカラ~自分でできる健康ケアー」高崎市総合福祉センター

2022/01/17



鍼灸とはどのようなものなのか、どのような治療を施術を行うのか、自分でできるツボ押し、お灸の仕方を高崎市民に指導させていただきました。

定員が25名のところ68名の応募がありました。



テーマ(お知らせ)

鍼灸・呼吸のチカラ~自分でできる健康法~

2021/12/12



鍼は痛いのでは、お灸は熱すぎて野蛮な感じがするのでは?。痛くしたり熱くしたりして色々な症状が

なぜ改善していくのか不思議でなりません。そこのところ疑問を解いていきます。

盛んに今耳にする「免疫力を高める」ことが病気予防に健康維持に効果があるのではと言われております。その免疫力を高めるツボはあるのか、あるとすればどのツボかを実技を交えて指導いたします。

 

テーマ 鍼灸・呼吸のチカラ~自分でできる健康法~



日時  12月12日(日)午前10時~11時20分

場所  高崎市総合福祉センター 3階の会議室4

講師  高崎市鍼灸師会  菅野 正

参加費 無料・高崎市に在住する方。

申込  11月25日より



申込み先 高崎市鍼灸師会事務所 菅野針灸院の菅野(かんの)まで

     電話 027ー324-0438



主催  高崎市鍼灸師会



※ 映像の2枚は免疫力を高める手の合谷と足の三里です。3枚目の映像は嘘のように腕が上がった。

テーマ(お知らせ)

高崎市広報に菅野針灸院が掲載されました

2021/12/11





詳しくはこちら

広報高崎の記事はこちらです。